水道管が凍ってしまった時の対処法

関東水道修理隊

水道管が凍結してしまった時の対処方法

水道管が凍結してしまって水道管が破裂していないのであれば凍っている水を溶かしましょう。解消方法は、室内の暖房をつけて部屋の室温を高くする方法です。どこで水道が凍結しているかわからない場合には有効的手段ですが、この方法ですと非常に時間がかかる場合が多く壁の内側なら効果がありますが壁の外側ですとまったく効果ありません。急いでいるときには、マンションにお住まいでしたら下階にお住まいになっている方に水・お湯が出るか確認してみるのが判別する上で最善策でもあります。
ピンポイントで凍結している場所がわかる場合には、凍結している部分にタオルを巻いてからお湯(50℃程度まで)をかけてください。熱湯をかけてしまうと水道管が破裂したりヒビが入ってしまうことがあり危険です。また、お湯ではなくドライヤーで直接温めるという方法も効果的です。
解氷作業をする上で必ず事前につながっている先の蛇口を開栓してから蛇口に近い側から解氷していくのが手順です。

(注意)水道管が老朽化している場合には、水道業者に解氷修理を依頼することをオススメしますが作業中に水道管が破損してしまうケースもありますのでご理解下さい。また、凍っている水道管にお湯を直接かけと破損する原因となりますので注意下さい。


水まわり総合サポート