引越し日のウォシュレット交換

引越当日のウォシュレット交換ご依頼について

3月の中旬から転勤や卒業で引っ越しをする方が多くなってくる時期です。多くの方がご利用になられていますウォシュレット(シャワートイレ)ですが退出にあたり取り外して元の普通便座に取り替えないといけないと言う規約になっているとのことでウォシュレットの取り外しをしていてうまく外せない、取り外していたら部品がなく取り付けできない、取り外し方がわからない、取り付けたら水漏れして困っているなどなど多数のウォシュレット関連の脱着のご依頼をされるお客様が多くいらっしゃいます。引っ越しをする当日にウォシュレットを取り外す方も少なくなく退出の数時間前にウォシュレット脱着のご依頼を頂く方がいらっしゃるのですがすぐに来てくれる業者がいなく困っているというご相談もあります。
前もってこのような案件であれば予約をして時間を決めておくこともできることですので自力でウォシュレットの脱着ができないと感じた時には、退出日の遅くとも数日前には作業をしておく事によって回避できる問題だと思います。ウォシュレットを設置した業者に取り外しをご依頼されると敏速に対応してくれる業者もいると思いますし便利屋さんなどにウォシュレットの取り外しをお願いをするなど緊急の水道業者以外にも対応してくれる業者もあります。ウォシュレット脱着の作業をしていると部品が足りなく普通便座に戻すことができないことも少なくありませんからウォシュレットを設置される時に使わなかった部品は必ず置いておくことが必要になってきます。
トイレ詰まり 新宿区 豊島区 板橋区 戸田市 川口市 野田市 浦安市 春日部市 東久留米市 国分寺市 清瀬市
引っ越しは人生で何度もすることではないと存じておりますがウォシュレットの脱着作業のご依頼をされる場合には、最低でも3日前までには作業をしてくれる業者にご依頼されることが望ましいことです。3月という時期は、年間で引っ越しシーズンの最盛期と言われております。単純な水回りのご依頼であっても混み合っていて即日対応をしてもらえないこともあるので前もって予約しておくことをおすすめします。また、ウォシュレットを取り付ける時に余った部品は必ず持っておくことをおすすめします。そうしないと必要部品が入手不能で取り付けができないことになり工学の費用負担が発生することもありますので気をつけましょう。