給水と排水のトラブル

水道の給排水設備のトラブル

日々の生活で何気ない時や入居して長年住んでいると何の前触れもなく起きるのが水管の詰まりや水漏れです。トイレやキッチンや台所周り、お風呂などの水道蛇口の水漏れがひどい場合には、水道修理業者に頼んで補修してもらうことになります。
トイレの詰まりの場合、軽度の状態であれば、ラバーカップを使用して便器内に押し付けて数回押し引きすることで解消されることがあります。ただし、異物を落としてしまったり、生理用品やトイレットペーパーの芯などによって水が詰まってしまった場合には、便器を外して詰まりものを除去する必要があります。日曜大工が特異な方であっても個人で行うには非常に難しい作業であるため修理業者に任せるのが望ましいです。

トイレの水漏れで一番多いのは、トイレタンクによる水漏れで、トイレタンクとパイプ、水道栓とタンクのジョイント部分が何らかの原因で水が漏れてしまう2つのケースがあります。
前者の場合は、連結部のナットが緩んでいないかどうか、パッキンが劣化していないかどうかを確認し、ナットを締めたり汎用パッキンに取り替えることで解決することがありますが調整しても水漏れが続く場合には水道修理業者に依頼をします。
水道修理業者を選ぶときは、一般生活でかかすことのできない水周り(台所、風呂、キッチン、洗面所など)の水道修理や水道工事もできるかを基準にしたいです。急な水道のトラブルでインターネット検索で水道屋を探すときは、ページ情報で水道修理方法を掲載している水道屋もあります。いざという時に何かあった場合にもアフターフォローを受けることも可能です。

水道のトラブルが起きた時には落ち着いて水見れであれば水道の元栓を閉栓することで宅内の上水道をすべて止めることができます。元栓は、水道メーターの近くに設置されていますので大事になる前に設置場所を確認しておくことが良いでしょう。