携帯電話がトイレに流れたトラブル

トイレに携帯電話を流した!

トイレの流れが1週間前排水口から流れて行かなく流れが安定しないとトイレ詰まりの修理依頼がありました。お伺いすると、便器の排水口の水は引いていて流してみても一見問題なさそうに見えました。しかし、何回かトイレットペーパーを流してみるといきなり詰まって水位が高くなりました。屋外の排水管を確認してみても異常は見当たらず、お客様と相談の末に便器を取外ことになりました。便器を取外してみると便器の中に携帯電話が挟まっていて、これが原因でトイレ詰まりが誘発されていたようです。トイレットペーパーなどの詰まりならホームセンターで市販されているラバーカップで解消することが簡単にできますが、固くて溶けないものを落ちてしまうと大掛かりになりますので注意しましょう。


便器に携帯電話を流してしまったら排水しないで素手で取出すようにトライしてみましょう。もし、取り出すことができなければ排水したりラバーカップを使って解消を試みるのは、事体を悪化させるケースが非常に多いです。そもそも便器の構造上、トラップ(下水管から臭い防止のための構造)にひっかかっているケースが大多数で排水やラバーカップで一方向の押す力が働いてトラップを超えてしまって下水管に流れ込んでしまってトイレ詰まりの主因となります。携帯電話以外にも固形物を流してしまったケースでも同様の症状になります。