施行実績

T.G 様邸

下水管の詰まり施工事例

新築の戸館を建てから、10年が経過するお客様から、1階と2階のトイレの両方がまったく流れなくなったと電話相談がありました。お話しを聞くと、昨日の夜にトイレを使用した時は、まったく問題なく1階も2階もトイレは流れたらしいのですが、今日になって、使用したら1階のトイレの排水が流れなくなってたとのこと。お客様は、紙詰まりでもしたのかと思い、使用できる2階のトイレを使ったのですが同様の症状で、溢れそうになるくらい水が上がってきたという事でした。
これは、紙詰まりのたぐいではないと確信し、 素人ながら何か重大な事がおきてしまったと感じ、とりあえず、電話相談ができる水道屋さんに聞いてみたいと思ったそうです。結局、素人では、まったくわからないとのことで訪問させていただくことになりました。
水道修理隊員が到着後、トイレに一番近い排水枡を確認したところ、まったく詰まってる様子がありません。1階のトイレの真上が2階のトイレがあり、同一の枡につながっているのですが、ここが詰まってないとなると・・・。確認の為、枡の蓋を開けた状態で、トイレを流してみると正常に流れます。そうなると、公道側の本管につながってるどこかで詰まってる可能性が想定されるのですが、すべての枡フタを開けてを確認してみたところ、最終枡で汚物が詰まっていることを確認しました。原因としては、便器と最終枡の間で空気が動かず圧力がかかりトイレが流れなくなってしまったと判定しました。
詰まりを取るためには、トーラー貫通後に、高圧洗浄機で下水の洗浄とマスの洗浄をさせてもらい、詰まり除去をさせてもらいました。少々、勾配不良も見受けられましたので、何度も同じように詰まるようなら、下水管の交換工事が必要ではないかとお伝えし作業完了しました。

お客様からの提供画像

M.S.Sから

当社(通称:水道修理隊)では、水廻りトラブルの修理に緊急出動できる体制を24時間365日行っています。
また、無料電話相談も実施しております。水道廻りで「困った!」ことが有れば、お問合せください。

公道に面する水道工事を依頼する時に注意するべき点としては、管悪地域の指定工事店なのか?というこが必要なことがあります。それ以外の工事店でしたら上乗せされた支払いを求めるとかちゃらんぽらんな補修工事など、いざこざがあることも珍しくありません。水道パッキンを交換したり修理するときの修理料金は、4~5千円から1万円以下くらいがほとんどです。ただし、水道水栓器具(蛇口など)が経年劣化で錆びてたり割れてたり欠けてたりした場合には、水道水栓器具自体の交換が必須となります。水栓器具の製造元が補修用に保管している水道水栓器具のパーツ類というのは、法定で定められた期間を過ぎれば部品ストックがなくなり次第、修理不能となっていきます。これは、家電製品やガス器具なども同様です。
詰まりで原因となるのが油分の多い食材や料理などを洗ったときや調理中に排水溝に流れていった油分を含んだ水が冷たい水の通り道である排水配管の奥で固まることで詰まりトラブルにつながることになるのです。水まわり製品のなかで便利なウォシュレットですが暖かい暖房便座や便器の感知器やスイッチなどが壊れた場合には、電化製品ということもあって製造したメーカーしか修理は難しいところや機器が存在します。長年使っていくと普通の家で普通に発生する現象ですが、水道関係のトラブルに関しては、プロの力を借りずにどうにかできるようなものではありません。プロの技術が不可欠なので、経験豊かな水漏れ修理業者に申し込むことが不可欠です。「利用者の大変!」があれば、あっという間に完結できる水道修理専門のプロです。台所、バス、便器が詰まったとか、壊れたなど、家の中の水まわりにまつわる問題解消には自信があります。面倒なトラブルを避けるために、水道修理業者に依頼するなら事前に、欠かさず料金の仕組みをチェックしておくべきではないでしょうか!?工ずっと少しずつ流れ続けている現象が続けば、タンクの中でトラブルが起きている可能性が非常に高いのです。

<4> <5> <6> <7> <8> <9> <10> <11> <12> <13> <14> <15> <16>