M.F 様邸

水廻りの修理の施工事例

マンションのお住まいのお客様から、便器に水がほんの少しだけ、流れ続けていて止まらないとお電話問合せがありました。
水道修理隊員がお客様宅へお伺いさせてもらい、状況調査してみたところ、便器の中に少しだけ1本の細い糸のように水が流れ込み、水は確かに止まらずに流れていたことを目視確認しました。
トイレタンクの内側を確認すると、水位レベルを越えタンクの中は満水状態になっていることを確認しました。
トイレタンクというのは、水が溢れてタンクの外にこぼれでないように、オーバーフロー管というのが装備されています。その、オーバーフロー管が便器につながっていて、便器の中に水を排出しているのでタンクから水が溢れでないような設計になっています。今件のお客様の場合、タンクの水を便器に排出している状態だったので水が流れ続けているということでした。
満水状態になった原因は、ボールタップという水を給水したり止水したりする部品が壊れていて水を止水できなくなっていましたので、浮き球が上がりきってもポタポタとロータンクの中に給水し続けているのが主因と言うことです。
処置として、ボールタップを交換させてもらい、しっかり止水もでき水位レベル範囲内で水位も維持できて修理完了です。

お客様からの提供画像

水まわりトラブルは予期せに時に発生してしまいます。そんな時には、ご遠慮なくご連絡下さい。

M.S.Sから

当社(通称:水道修理隊)では、水廻りトラブルの修理に緊急出動できる体制を24時間365日行っています。
また、無料電話相談も実施しております。水道廻りで「困った!」ことが有れば、お問合せください。
新宿区 目黒区 台東区 葛飾区 江東区 港区 武蔵野市 八王子市

小平市 府中市 立川市 調布市 清瀬市 川口市 春日部市 松戸市 柏市 浦安市


水道・水まわり総合サポート受付