水質基準

水質基準について

日本国では、水質基準について法律で定められています。この法律をクリアーしない限り飲料水としては、
認められていません。
水道により供給される水が備えるべき要件として、日本国憲法水道法第4条に基づき以下が設定されています。
・人の健康に対して悪影響を生じさせないこと
・異常な臭気や洗濯物の着色など生活利用上の障害を生じさせないこと
など、人の健康の保護および生活利用上の観点から水質基準項目の基準値が設定されています

河川の水を取り入れて浄水中で一定の検出の実績はあるが、毒性の評価が暫定的であるため水質基準とされなかったもの、又は、浄水中では水質基準とする必要があるような濃度で検出されていないが、今後、当該濃度を超えて浄水中で検出される可能性があるもの等水質管理上留意すべき項目として分類されたものです。


知っておくと役に立つ情報
朝1番の水は、飲料水以外に使用することをオススメします!
台所などで飲料用目的で朝1番に出す水や旅行などで数日留守にした場合、最初に出てくる水は、宅地内の給水管に長時間滞留した水です。給水管内で細菌を増殖させない為の残留塩素の濃度が薄くなったり、鉛材質の給水管が使われている場合には、微量の鉛が溶け出している可能性があります。そこで、水道を長時間使用しなかった場合、バケツ一杯分の水は飲み水以外に使うことをオススメします。(水道用語大全集にも紹介している項目もありますので参考にしてみて下さい。)

水道料金にも福祉免税がある!
下記に該当する場合に限る、
・生活保護世帯
・母子世帯
・父子世帯、またはそれに準じる世帯
・重度障害者世帯
・高齢者世帯
☆精神障害者世帯は、水道料金・下水道使用の基本料金などが免除される場合もある。
(注)適用基準は、各地域によって異なってきますので、詳細につきましては、各市区町村の福祉課などでご確認下さい。

水道用語大全集

目次

|  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | アルファベット |


※ あいうえお順にインデックスしてあります。頭文字をクリックして下さい。次のページに移動します。





水のトラブル
水道トラブルの状態見極め